引越しは荷物を減らすと安くなる?

引越し料金と荷物の量の関係について

引越しが決まりいざその準備を始めてみると、以外に荷物が多くてどうまとめていいのかわからなかったり、何から手をつけたらいいのかコツが知りたいと感じます。

引越しを業者に頼む場合は、使用するトラックの大きさと移動距離によって大体の価格が決まります。つまり引越し先が遠方になるほど、荷物が多ければ多いほどその分引越し料金もかさむというわけです。だからといって転勤や進学などの場合は、引越し先を勝手に変更するわけにはいきませんから、少しでも料金を抑えるには荷物の量を減らすのが一番です。

とくに極端に重いものや高価なものは料金が割り増しになるため、何を持っていって何を処分すればいいのかしっかり判断することが重要です。

 

引越しはモノを減らす絶好機?断捨離の勧め

今まで部屋に物があふれているのはわかっていても、なかなか片づけられなかった方には、引越しはいらないものを処分する絶好のチャンスです。

新居での生活は住む地域が変わったり生活スタイルも変わるといった、大きな変化をもたらします。新生活を自分の理想通りに送るためには、今持っているものを適用させる必要があり、綿密な事前準備が重要です。

本当に必要なものだけに囲まれたすっきりとした新生活を送ることで、新しい自分を発見することが可能です。環境が変われば必要なものも変わるため、新生活をどんなものにしたいかイメージします。バーゲンで買ったけど一度も着ていない洋服や溜まった雑誌類は、真っ先に処分する候補となります。

 

荷物の量に適したプランを選ぶこと。部屋の間取りとトラックの大きさについて

ワンルームに引越しをする場合、荷物が少なめで大型家電がない場合は軽トラックで済ませることができます。

家具が一通りそろっている場合は1トントラックでの移動になり、単身パックなどひとりで引越しをする方向けのプランが最適です。単身者向けに作られたプランのため一般的な引越しと比較すると運べる荷物の量は少ないですが、引越し費用が安いのが最大の魅力です。

1LDKに引越しをする場合は一般的なひとり暮らしの場合2トントラックまでで十分収まります。

荷物が少ない場合は単身パックも検討してみる価値があります。単身だが荷物が多めという方や2LDKにふたりで住んでいる場合は、3トントラックが必要になってきます。

カップルや家族の場合単身プランが適用されないため、一般的なプランでの引越しになります。部屋の間取りが大きくなるほど荷物の量が増えるため、トラックも大きくなっていきますが、極力荷物を減らすことでお得な引越しが可能となります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です